2008年2月アーカイブ

どう考えてもネタ

|

私道に立っている電柱が電線の張力に負けて次第に傾いてきていたんです。
いつかは倒れそうだけど、だれか面倒見てくれるのかなぁ?と思っていたんですが、
そこは天下の東京電力さん、定期的にチェックをしていらっしゃるようで、
抜け目なく異常を発見され、立て直しの工事が行われることに相成りました。

当初の予定では・・・
傾いた電柱の隣に仮設の電柱を立てて、古い方から電線を移植する。
  ↓
傾いた電線を引っこ抜いて、新しい電柱をまっすぐに立てる。
  ↓
仮設の電柱から、まっすぐに立てた新しい電柱に電線を戻す。
  ↓
めでたしめでたし。


と、すんなり終わるハズだったのですが・・・


傾いた電柱の隣に仮設の電柱を立てる際に水道管を破損。泥水が吹き出る大惨事が発生。
  ↓
水道管を修理して、一応仮設の電柱を設置。
  ↓
古い電柱から仮設の電柱に電線を移植。古い電柱を撤去。
  ↓
水道管が破損して泥水を吹き上げた結果、地盤がゆるんでしまったため、
仮設の電柱は張力に負けてあっという間に傾き始め、古い電柱よりも傾く。
が、なんとか持ちこたえる。
  ↓
地盤が落ち着くまでしばらく放置
  ↓
ようやく地盤が固まってきたので、工事再開。
新しい電柱をまっすぐに立てようと思いきや、立てる際にまたまた水道管破損。
前回にも増して泥水が吹き出る大惨事。
  ↓
水道管が壊滅的なダメージを受けたのか、復旧までに長時間を要す。
夜遅くまで断水を強いられた住民大激怒。現場は一時騒然となる。
  ↓
気を取り直して新しい電柱をまっすぐに立て、仮設の電柱から電線を移植。架設電柱を撤去。
  ↓
施工完了?
  ↓
地盤は水道事故のために前にも増してゆるゆる。
まっすぐ立てたはずの電柱は瞬く間に張力に負け、あろうことか施工前よりも傾く結果に。


・・・こんなんだったら、工事しなかった方が良かったんじゃないですか?と思うわけですが、
そこは天下の東京電力さん、というか〇電工さん、果敢にももう1回チャレンジしてくれるそうです。

現在のところ、電柱を立てる際には2回中2回、
つまり100%の確率で水道管をベキベキされているんですけど、次回はどうなることやら。

さて次

|



年中行事は特に大きな滞りもなく終わりそうです。

いやぁ?、寛いだ。
旅行に出て寛げるのは蔵王くらいなもんですもんね。(誤)

さー、休んでばかりもいられません。
帰りの車内では真面目にお勉強することにしましょうか。

山形S-Palで欠かさず買ってきました愛読書。
って、お仕事何でしたっけ?>俺

意外な効能

|




スキーを切り上げ、旅館で一風呂浴びて帰るいたっていつものパターンでございます。
いつもいつも同じパターンにハマり過ぎだろうという感じがしないでもないですが、
やはり年に一度は避けて通れぬ年中行事と化しているのでやむを得ないんです。
毎年毎年同じ時刻で行動してますから、予定表の時刻を気にせずに済み楽ちん。

ところで蔵王温泉さんったら、ノイローゼにも効くんですか?知らなかったなぁ。

仕事に行き詰まった時など、休んで湯治に来る口実に是非利用すべし。
「蔵王に行かないと死ぬので休みます」とか。

栄養補給

|



いよいよ3日目になるとあちこち痛くなるわけで。
というわけで、栄養補給。

急斜面での恐怖感を和らげる効用もあると言われています。

到着

|





いやぁ、これぞ懺悔しほうだい。

視界ゼロで、上も下も右も左もわかりませんね。
そのへんは勘で適当に滑ってください。

すでにホワイト

|



おはようございます。

懺悔したいとか言っていたら米沢駅にて既にホワイトアウト気味なんですが。
こんなところに、こんなに降っているとは珍しいなぁ。

新庄行きつばさ101号、大雪のため米沢にて少々抑止中です。
うーん、さすがに降りすぎでは?

懺悔の季節

| | トラックバック(2)

2月も中旬を迎え、毎年恒例蔵王温泉スキー場懺悔坂で
一年間の懺悔をしよう大会開催間近となりました。

懺悔坂:いつ行っても信じられないほどの猛吹雪なので、ここを通る人は安易にこの地に足を
     踏み入れてしまったことを懺悔するであろう・・・ということから言われるようになったかは
     定かではないですが、笑っちゃうくらいの吹雪に見舞われて大抵の人はやられて
     帰ってくるという、蔵王温泉スキー場頂上部のコース名です。


ここ数年、妙に天候に恵まれて美しい樹氷に出会いまくってしまっているのですが、真の蔵王マニアなら、美しい樹氷よりもホワイトアウトの中で懺悔したいですよね。そうでもないか。

出陣するなら万全の体制で!!と、スキーのワックスがけ開始。

DSC02715.jpg

競技に出るわけでもないのに、わざわざアイロンまで投入する必要はないだろうという気もしなくもないですが、滑りが格段に心地よくなるので思わずやってしまうホットワキシング。

滑走面にアイロンでワックスをヌリヌリしたあとに、スクレイパーというアクリル定規みたいな道具で無駄なワックスを剥ぎ取るんですが、板の先から後ろまでビシッと綺麗に剥ぎ取れるとなかなか爽快なもんです。ちょっと「匠」になった気分。・・・って、何を目指しているんだよ?>俺。

ですが、写真をよく見てもらうと人差し指の曲がり方が変ですよね?
そうなんです、気合いを入れすぎたようで軽く脱臼してました。orz...

匠への道は遠い。

英語だったっけ?

|

山積みになっていた封書類をいい加減殲滅せねば・・・と、開封作業開始。

で、カードの明細書を見ていて引っかかったんですが、
『レンタカー』って和製英語って教わりませんでしたっけ?

DSC00124.jpg

いやねぇ、まさかそんな”RENT-A-CAR”なんて不自然な表記があるわけがないと、
レンタカー屋の写真を探してみると・・・。

IMG_0172R.jpg

・・・ここまでビシッと書かれちゃうともはや何も言えないんですが、何かの思い違いでしょうか?
唐突もいいところですが、そんなことに今さら気付いた3連休中日でした。

やっぱりやられてた

|

ゲリラ気合いツアーズでは完勝を収めたと思いきや、耳の下のリンパ節の腫れは引くこともなく成長する一方。どうせ何のことは無いのだと思いますが、妙に気になって珍しく通院してみました。乗客を知らない間に蝕み、病院送りにするとは廃止間近の銀河の底力を感じる一瞬。(誤) 流石に鉄分過多だったか?


病院到着
  ↓
受付でかくかくしかじかと症状を話すと事務の方は、「形成外科ですかね?」との回答
  ↓
何となく違う気がしたので「形成外科ですかねぇ?・・・」と言うと、確認してきますと奥に下がる
  ↓
しばらく放置
  ↓
事務の方が戻る。「確認してきました。外科でよいそうです。」と言うことで、
形成外科改め外科受診の手続き。
  ↓
途中看護師さんに呼ばれ、再び症状を説明。
看護師さん首をひねりながら診察室の中に戻る。
  ↓
ようやく名前が呼ばれ診察開始
  ↓
「確かに腫れていますね。悪性でなければ抗生剤と痛み止めで様子を見ましょうか。」
というわけで、CT検査へ突撃指令
  ↓
東芝メディカルシステムズ殿謹製、マルチスライスCTスキャナ見参
って、んなもん確認してる場合か?>俺。
  ↓
サイバーな動作音を轟かせながらスライスしまくり。若干ウハウハ。
  ↓
写真が出来るまでしばらく待ち。
でもCTってコンピュータで画像を生成してるんだから、わざわざフィルムに焼かないでも、
画像データを診察室にある端末に配信すれば良いような気がするんですけど・・・。
  ↓
再度診察室へ入る
  ↓
医師、撮影結果とにらめっこ。しばらく無言。
「確かにこの辺が腫れていますが、特に悪いものでもないと思われます。」
  ↓
というわけで、抗生剤、痛み止めを処方され暫し様子見と相成りました。やれやれ。


結論「自分自身でも分からないことは、他人である医師にも分からないよね。」
なんか以前も同じような結論に辿り着いた気がしますが、やはり今回も・・・。

気になるのは処方された抗生剤の名前。
DSC02711.jpg

「メイアクト」・・・「たぶん効く」?

と言う意味ではないと思いますけど、なんだか頼りないなぁ。
これでも飲んでれば、そのうち改善されるでしょう。たぶん。

それと一緒に処方された痛み止めったら、感動するくらい良く効きますね。
久々に処方薬の威力を思い知りました。

総評

|

本当は奈良の東大寺とか行く計画などもしていたんですが、行き先が思いつきで時々刻々と変化した結果、関西から北陸周りで東京まで帰ってくることになりました。そんな感じで、夜から夜まで乗り続けて総距離1287.2キロを走破。バカです。

特に割引を利用していたわけでもないので、乗車券やら特急券やら合わせると、なかなかのお値段の気もしますが、気のせいと言うことで。財布が鋭気を蓄えるまでしばらくは温和しくすべし。


中国人満載の急行銀河でバシッと眠れて、翌朝スッキリなのは夜行公共交通機関マイスターを名乗っても良い気もしてきましたが、気付けば左耳の下あたりのリンパ節がパンパンなんですが。目に見えないところで実はかなりやられてた?


途中、各駅停車2時間×2回という難所(?)では、なんだか青春18キップを濫用していた頃が思い出されましたよ。あの快適とは言えない車内でひたすら耐える感じ・・・独特です。あの頃はこんなのを5日間ぶっ通しやってたって言うんですけど、もはや信じられませんよね。

越後湯沢着

|





これにて今回の気合いツアーズ終了。乗りすぎ。

新幹線で上野まで帰りますよー。っていうか、新幹線じゃなきゃ帰れないので。

六日町着

|



20分停車だそうですけど、会社が違うと言ってもそんなに待たなくても…と。
この列車ったら、2時間も乗るっていうのにトイレがないので、トイレ休憩にはちょうどいいのか?

ゴールまでもう少しの辛抱です。

ほくほく線

|



全く、ほくほくという感じはしませんけど。

日も暮れてしまったし、直江津から越後湯沢までカッ飛びますよー。
また2時間の我慢タイム。

富山着、そして…

|





接続する特急が無いんですよ。ここまでくるといよいよ先細りな感じに。

仕方がないので、各駅停車に2時間揺られてみますか。
こんなヘンテコな電車がいまだに走っているとはなぁ…。

金沢着

|



そして発。

なんだかなー、仕方がないのであんころもちでも食べよう。

ついうっかり

|



SLに乗ってしまいました。
しかし!!SLは木ノ本というマイナーな駅止まり。この先どうするよ?

敦賀着

|



さみぃー。
うーん、米原でも行くか。

意外と

|



よく寝られてしまい、逆に拍子抜けしつつ、京都に到着。

雪のため、ちらほらと遅延が出始めているようですが、さらに足を伸ばしてしまおう。

という選択が吉と出るか凶とでるか…。

おやすみなさい

|



いい夢が見られ…わけねぇだろ!!
強いて言えば永眠は可能かと。

しかも、よりによってまわりは中国人の団体なんですが…。
いつもにもましてコテンパにやられそいな予感。

利用するのは

|



もちろんこちら…ではありません。

ゲリラ気合いツアーズ

|



来ました東京駅。
さーて、どこに行けるのか…。

以前、GoogleEarth制覇計画などと言ってこんなエントリを書いたっきり、その後触れていませんでしたが、その後もボチボチと画像をUpし続け、着実に領地を広げています。

さすがに今まで渡ったことがある国の写真全てを貼り付けるには至っていませんが、途中経過をご紹介しましょう。
http://www.panoramio.com/map/#lt=1.933227&ln=123.046875&z=14&k=2&a=1&tab=4
gglmp.jpg

こうしてみると、ちょっとしたものになってきた感もありますが、それでもまだ押さえていない地帯がチラホラと。気合いツアーズのなかでも一番過酷な旅となる事が多いシーズンが近づいていますが、どこから片付けていくべきか・・・と。

・カンボジア地雷原とアンコールワットツアー
・ミャンマーへスーチーさんを励ましに行こうツアー
・魅惑のボルネオ島ジャングル一周ツアー
・外務省発出「渡航の是非を検討してください」と言うので是非検討しよう決死のラオス突撃ツアー
・最後の強敵、どう考えてもやられるに違いないインドツアー
・実は未踏だけどイマイチ行く気が沸かないフィリピンやっつけツアー
・ブンブンの刑

・・・いよいよ芳ばしいのばかり残ってきましたね。いやぁ、そりゃ煮詰まるよ。
とりあえず、気合いツアーズ御用達、激安航空会社AirAsiaのページでも見て考えますか・・・。

狙い通り

|

タイトルを思いつきで変更してから早一週間が経過しましたが、そろそろ検索エンジンに反映されていたりするんでしょうか!?

Googleさん
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%B0%97%E5%90%88%E3%81%84%E6%8A%80%E5%A0%B1&lr=lang_ja

Yahooさん
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E6%B0%97%E5%90%88%E3%81%84%E6%8A%80%E5%A0%B1&fr=msie7&ei=utf-8

といった感じで滑り出しは狙い通りと言った感じでしょうか。どちらのエンジンともリンク先が微妙にトップからはずれてしまっていますけど、Blogではよくあることなので仕方ないかと。

それと、某氏のBlogが後続となっていますが、これは恐らくリンクを張っていただいている影響でしょうかね。最近はあまり更新されなくなってしまい残念ではありますが、それでもナカナカの人気のようですね。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ