2013年5月アーカイブ

ムーミン谷

|



もちろんフィンランドにやってきたわけですが何か?

同型機

|



案の定、気合い写真部のアーカイブに入っていたのでリリースしておきます。
我々は他社を利用したため、さほど詳しくないのが残念です。

毎度お馴染み、Google Earth制覇計画でございます。(前回はこちら

東南アジア編も前回の東チモで完成したし、満を持して欧州編のスタートか!?
なんて淡い思いも一発で吹っ飛ぶ、アフリカ大陸への初上陸となってしまいましたが、
決して喜望峰経由の欧州行きというルートでは無いことだけは宣言しておきます。まぢで。

今回のエジプトツアーではカイロ、ルクソール、アスワン、アブシンベルと
有名な見所を押さえようとしたところ、エジプトの国土をほぼ縦断するような
羽目になってしまいましたが、要所要所で飛び道具を利用することで、
個人手配でも一応は達成可能である事を示すことができたかなと。

201305egypt_gpsmap.jpg

そんなこんなでお届けして参りました体力に限界はあるのかツアー2013
エジプト編の結果をPanoramioさんにアップしておきました。

いつも通りhttp://www.panoramio.com/user/461510にてお楽しみ頂けますので是非。

エジプト革命以降の観光需要の低迷の折、各地で強力な客引きや、
詐欺まがいのガイド、スリとの遭遇を果たしだいぶピキピキ。

日本人に見られないのは、半ば狙いではあるのですが、
顔を見る度に「チャイナ?コリア?ホンコン?アメリカ?」と、
我ら侍ジャパンが一向に登場しないことしないこと。完璧に忘れられてる。
忘れられてるっているか、我々が完璧に日本人の品格を失ってるだけか。

もうそんな輩にはSTEPの掟ばりに"NO NO NO NO NO!!!"とか凄んでみても、
相手も日本人が"NO!!!"なんて言うわけが無いよなぁと思うのか、
ますます日本という選択肢が出てこなくなる悪循環に。

最終的には「チャイナ、ノーマネー!!」とか罵声を浴びせされて、
確かに中国人っぽく見えるだろうけど、その中国人様よりノーマネーだよなぁ・・・とか
大変複雑な心境になってみたり。

ということで、しばらくは行くことは無いと思いますけど、
お客さんが戻ったら多少はマシになるのか、確認してみたい気持ちも少々。

成田着

|



機内2連泊なんてアタマの悪いスケジュール考えたのは誰だよ!!
と吊し上げたくなるくらい爽快な帰還となりましたよ。

だいぶ怪しい風貌での税関への突撃になりましたが、
お仕事ですか?と相手にしてくれずに終了。いったい何の仕事なんだか。

シンガポール発

|



機内2連泊はさすがに厳しいよ…

お約束

|



何だかんだ言って、結局また来てしまいました。

シンガポール着

|



案の定、大分眠い状態でシンガポールに下ろされました。
帰国する便までしばらく時間があるので、市内をフラフラ…

ドバイ発

|



本日は機内にて一泊。
起きても日本には到着しないのがミソですが。

ドバイ激走中

|



大人しくしていればいいのに、やっぱりスタンプラリー中なのです。

機内誌

|



雷門って中国のランドマークでしたっけ?

イスラム世界

|



問題があるわけではないのですが、何かが違うアウェーな雰囲気。

もう間もなくドアクローズです。
ではまたドバイでお会いしましょう。

カイロ発

|



カイロでの滞在期間を終えて、予定通り帰還することに。
往路同様にドバイ、シンガポール経由で帰宅します。

考古学博物館に収蔵されているツタンカーメンは大人気のため、
ゆっくり見ることが難しいというもっぱらの噂でしたが、
時節柄閑古バードが鳴きまくりで、飽きるまでじっくり拝むことが出来ました。

復路ではコロンボに降ろされるというような事件は発生せず、
何事よ無く安心快適にすんなり帰れる…はずですよ。

カイロ市街

|



地方から一気に都会の喧噪に巻き込まれて若干圧倒され気味ではありますが、
地方のよう外国人ということだけでターゲット扱いされる事が
少ないので割と過ごしやすいような気がしています。

今日の宿泊地は何かと話題のタフリール広場周辺のホテル。
エジプト革命は完全に収束したことになっていますが、
先ほども少数ながらデモ隊が見られるなど少々ハラハラ感も。
街の景観もまだまだ芳ばしい空気が漂っていました。

新しい体制の国家がうまく回るようになるには
もう少々時間が必要なようです。

カイロ着

|



あっという間に今回のスタート地点カイロに戻ってきました。
最初にカイロに到着したときにはピラミッドしか
見られていないので市内を探索したいと思います。

アスワン発

|



です

アブシンベル着

|



今回のツアーの最終目的地、アブシンベル神殿に到着しました。

大型バスのツアーを振り切ってぶっちぎりで到着したため、
狙っていた資料用の写真もたっぷり撮影することが出来て大満足。

護送船団

|



最後の目的地、アブシンベルまでも陸路での移動。
途中はガチの砂漠地帯のためコンボイと呼ばれる護送船団に加わる必要があります。

ここから約5時間、ひたすら辛抱です。

アスワン観光

|



ルクソールから陸路で途中2箇所の世界遺産を経由しながらアスワンに到着しました。

アスワンというとピンと来ないかも知れませんが、
アスワンハイダムという言葉は聞き覚えがある方も多いのではないかと。

アスワンはエジプト南部の観光拠点ですが、観光需要の激減に伴い、
土産物店や馬車など関連する方々の暮らしはかなり厳しいようです。

市場にフラッと行ってみたところハピルスを売りつけるフリをして、
その陰でポケットのものをスルという手口のスリに遭遇するし、
先ほども同じ手口のスリに遭遇するなど、スリには相当の注意が必要と思われます。

ちなみに昨日気球でご一緒した日本の方も、布切れを広げてきた物売りがいたが、
布切れの陰で鞄のファスナーを開けられていたと言われていました。

観光客が激減している折り、観光客目当ての悪事を企む
アウトローの標的になる確率が飛躍的に高まっているんでしょうね。

カオスを極めるマーケットなど魅力的な被写体は多いのですが、
大きなカメラをぶら下げていると、客引きや悪人に蜂の巣にされるので、
不本意ながら小さいカメラで控えめに実施するに留めました。

悪いスパイラルから抜け出して、今まで通りのエジプトに戻って頂きたいものです。

プレスリリース

|



http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013050102000114.html

「楽しそうに」というのは記者の方の主観であって、
気合いツアーズとしては緊張した面もちで取材に応じていたような気がしますけどね。

運行再開しているものの、ツアーでの取り扱いは新進気鋭の
気合いツアーズ1社のみということもお知らせしておいて頂きたかったな。(誤)

ルクソール発

|



ルクソールに点在する世界遺産を灼熱地獄の中、
よせばいいのに自転車で周回してきました。

お陰で体中バキバキでヒリヒリの大変心地よい状態で
ルクソール出発の朝を迎えております。

本日は陸路でアスワンハイダムでお馴染みのアスワンへ向かいます。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ