2010年4月アーカイブ

ようやく到着

|



カエルね。
店頭のオープンな席で喰ってると話題騒然よ。

本日の夕食

|



クメール料理が来るはずなんだけどなー。
ナカナカこないなー。
もうビール1本空いちゃうんですけどー。

カンボジア名物

|



世界各国で地雷を踏みつづけている我々としては、
もはや慣れっこですから、ここでも一発・・・いやいやいや。

足を失った方、普通にボチボチ見受けられますな。
寺院に残った弾痕など、大変厳しいところで有ったことが垣間見られます。

伝統芸能

| | コメント(2)



といっても4着のことではありませんので悪しからず。
折角なので、気合いツアーズにしては珍しく来てみました、観光客向け施設。

だって12ドルだし。

アンコールワット到着

|


空港でお願いしたタクシーのうんちゃんがナカナカのナイスガイ。
折角なのでアンコールワットへの足もお願いしちゃいましたよー。

明日はブッディストのフェスティバルでビジーなので、
有名どころは今日中に見ておいた方がいいような言いっぷり。

なお、手持ちの資料を確認してもそんなことは取り上げられていませんけど、
そんな空気が流れているので多分本当・・・なのか?

バンコク発

|





抗争に巻き込まれることなく、バンコクを出国。
今日の朝ごはんはマンゴーご飯です。うげぇ・・・。

バンコク市内

|



バンコクの空の玄関であるスワンナプム国際空港は
数年前に従来の空港から移転した比較的新しい空港ですが、
新しいだけに周辺はまだまだ未開発であるようです。


今回はタイは乗り換えだけと割り切って空港界隈に宿を確保していますが、
どこかの地方都市にでも迷い込んでしまったのではないかという雰囲気。
なお、テレビを賑わしている赤組VS黄組の対決ですが、
ここら界隈では、どこ吹く風といった扱いですな。

じゃあ、折角なので取材のため中心部に行くのは、誠に遺憾ながら自粛しておきます。

バンコク到着

|



定刻より45分程度遅れていますが、特にお断りが無いのは、
この程度の遅れは誤差ということなのであろー。
まぁこちらとしても余り望んでませんしねー。

桃園駅

|



桃園国際空港から近い駅というと、もちろん桃園。
駅前でテキトーにルーロウファンを補充してきましたぞ。

これでしばらくは安泰だー。

台北到着

|


本日は台北では泊まらずに、もう1レグいっちゃいますけど、4時間の空き時間。
何かするには少ないですが、空港の中で時間を潰しているのではあまりにもったいないので、
外に出て少々プラプラすることにしました。

台北まで出る時間も無いので路線バスでそのへんの街へ。
何があるのかは・・・全くわかりません。

成田発

|



定刻発でまずは台北まで軽めの受刑。
おやすみなさい。

ついにこの日がやってきてしまいました。
折しも新入社員君の歓迎会とやらが催されてしまい、
ちょっと顔を出して帰るつもりが、結局は使い物になら無い状態で
帰って来たのが約4時間前さ。

旅立つ準備はゼロでいつも通り大変順調な状況だった訳ですが、
このグデグデ具合で準備できるわけねぇだろ!!とかブツクサ言いながら
たった今準備が完了した・・・したのか? いや、もう無理矢理完了!!

ちなみに、最初の宿泊地は都合によりバンコクなんですが、
「渡航の是非を検討してください。」とのこと。

・・・是非検討しよう。

SDIM1087S.jpg

一泊二日で九州を(ほぼ)1周するという、デタラメ九州ツアーもこれにて一応終了。
サッサとベッドに潜り込んで気を失いたいところですが、
都合によりあとがつかえているので、やっつけでまとめときます。


SDIM1084S.jpg


毎度お馴染みGPSロガーによる軌跡をマッピングしてあげると・・・

100425_kiai_gpsmap.jpg

この通り。やれやれ。
所々、線が不自然に飛び出ているのは・・・気にしない気にしない。

総移動距離はおおよそ1000キロですって。
あまりに長時間列車に乗っていたお陰で、
目を閉じると列車に乗っている感覚が蘇ってくる・・・ほど乗るなよ>俺。


帰りの飛行機で疲れ果ててだらしのない格好で座っていると、
CAさんから「間もなく着陸するので席を戻して下さい」とのご指摘。
しかし、席を倒した記憶はないので、はて???という表情をしていると、
「あ、すみません倒されていませんでしたね」とのこと。

凶悪シートピッチでも最大限のくつろぎを得られる姿勢を編み出していたようで、
体がその角度ならば、どう考えても席を倒しているでしょーと思われたのかなと。


ロッシーニなら何て言うだろう。

お客さまー

|



急いでくださーい。
えーーー、もう帰っちゃうのー?

小倉駅着

|



にちりん→ソニックと乗り継ぎ、ようやく小倉へ到着。
昼食兼夕食は車内で弁当でしたけど何か?
ノンストップエアポートバスで北九州空港へ直行・・・するのではあまりに寂しいので、
駅前のラーメン屋にダッシュして、無理矢理たべるぞー。

にちりん

|



南宮崎にて乗り継ぎ1分で特急列車に飛び乗り、
またまた従来型特急列車3時間の刑。



景色は最高。しかし、空腹。
車販はもちろん…ありません。

日南駅折り返し

|



何も無いよー。うえーん。

伊比井駅通過

|


国盗りの境界についてウダウダ話していただけなんですが、
客室乗務員の方から「先々月に広末涼子さんがCFの撮影に見えていましたよ。」
との情報を頂きました。仕事でここが取れたとはずるいー。(やってないやってない)

それにしても、こんな非日常的な雰囲気が充満する僻地を、
よく探してくるものだと感心しきりでございます。

宮崎着

|





別にこれに乗りたかったから来たという訳ではなく、
他にちょうどいい列車がなかったからだけなんですけど、
観光列車で有らせられる海幸山幸号は大盛況のため満席とのこと。
2両しかないし、さらに座席が減らされているので当然といえば当然ですか。

もちろん、我々が事前に指定券を準備をしている訳は無いですが、自由席は9席しかないんだってさー。
これは勝ち目の無い争いだなと思いつつ列に並びましたけど、
意外にも席の確保に成功しちゃいましたよ。ラッキー。

鹿児島中央発

|



あっという間に鹿児島で滞在時間を終え、特急きりしまの車中へ。
宮崎まで特急列車で2時間ちょっと。九州デカいー。

魅惑のホテル

|



高見馬場電停前でデルタ線が見られるという素晴らしい立地。
このまま一日窓にへばり付いて過ごしたいところ。

…なんてことも言ってられないので、そろそろ出陣のお時間です。

締め括り

|



キター。

あ、ここに書くネタじゃなかったわ。

鹿児島中央着

|



もうー、やりすぎー。
首と腰が殉職・・・。

もう、本日を締めくくってやるー。

指宿着

|



JR最南端の有人駅らしいですわよー。

折り返し小1時間。駅前は軒並みシャッターばかりだし暇だぞー。

九州新幹線

| | コメント(2)



大変あいだがあきましたが、どうやら九州新幹線に乗車している模様。
さっきまで阿蘇とか言っていたような気がする・・・わけないよねぇ。

福岡着

|



そして、なぜかもうバスの中だー。
スーパーノンストップひのくに号 熊本行

・・・だったらはじめから熊本に行けよって感じですが。

羽田だ

|

20100424071504_929.jpg

例によって亡霊のように羽田までやって参りましたよ。
おやすみなさい。

フラッシュパッカー

| | コメント(3)

いつもお世話になっているウィキペディアさんで、当てもなく不毛にリンクをたどっていたところ、
どういうわけだかバックパッカーの項にたどり着きましたよ。

うむむっ!! いつの間にかこんなのに分類されちゃってて、少々遺憾なんですがー。
こんなのどう考えても気合いツアーズが元祖だというのは明白だろうと。[要出典]


あれ、ちょっと待てよ、フラッシュパッカーという言葉どこかで聞いたことがある、
いや、聞いたどころか持っていたような気がするだけどなー。

ゴソゴソ・・・


DSC01670.jpg


これだー。
10MBぽっちだというのに、今だって買うのを躊躇するくらいに高かったんだぜ?。(死)

ウィキペディアさん曰く、フラッシュパッカーの定義はまちまちだと言うことなので、
ここではEPSONのFLASH PACKERのような、サイバーかつ先進的過ぎて、
実用性に欠けるガジェットを不必要に持参して、無理矢理旅行に生かそうと試み、
その効能をこじつけで「持ってきて良かった。ナウな旅の必需品。」とか錯覚しちゃってるような
ご苦労な旅行客を指すという説をでっち上げていきたい。

普通に旅行を楽しむんならコンデジ1台あれば十分だろ。(すいません)

こんなのをHP200LXなんかに突っ込んで、15年くらい前から各地に
突撃しているようなアホは他にはそうそういないだろーと、自慢だか自虐だか分かんないけど、
とにかくウチらが元祖だし、FLASH PACKERはエプソン販売殿の商標なんだろうから、
フラッシュパッカーなどという、勝手知ったようなテキトーな分類は断じてゆるさんからな!!

河口まで南下

|


思っていたほど向かい風も強くなく、割と普通に到着。
若干肌寒いと思う瞬間もありますが、まぁだいたい大丈夫。

お花見も一段落といったところですが、この季節を待ちに待っていた
各種スポーツ愛好家の方々により結構な賑わいになっていますぞー。
チャリもやたら滅多多いしなー。

それにしても、邪魔だなー。(暴言)

あ、スイマセン私のほうが邪魔ですね。どうぞどうぞ。

東京ヘリポート

|

正確には「東京にあるヘリポート」であって、「東京ヘリポート」ではないですが。

 DVC00025.jpg

昨日の降雪によってお楽しみの計画がパーになったので、
腹いせに多めに走るぞと、水門のゆるキャラであらせられる、
ガンブッチでお馴染み(じゃねぇよ)の岩淵水門まで遡ってきましたよ。

岩淵水門モチーフにしたくせに、色がインターナショナルオレンジなのは、
旧岩淵水門の扉の色を引き継いでいるからなのだ!!(どうでもいいよ)
そのへんの不毛な話はこちらあたりでどうぞ。


季節柄南風で楽々到着しましたということは・・・
フルパワーノンストップで河口までいけるか微妙だね。

晴天で仕方なく

| | コメント(5)


昨日の天気予報では、天気が優れないと言っていなかったっけかー?
だったら今日の出走は無いと踏んで、寝たのは朝だったというのにさ、
こんなにガッチリ晴れちまったら来ざるを得なくなるでしょーが。


だったら来るなよ>俺って感じですが、意味のわからない論理で気付けば新砂。


暑くなく寒くなく、風もさほど強くなく、絶好のコンディション。
こんな気候なのは一年を通していくらもないですから、来て良かったっす。


さ、スイッチがOffになるまえに帰ろう。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ