2011年5月アーカイブ

超人気コンテンツ

|

ここ1週間ほど、スパムコメントの数が洒落にらない状況になっています。
共有サーバだというのに、CPUを1日あたり2時間以上占有する超人気コンテンツっていうか、
このまま続けていたらお叱りを受けることが確実なので、
サイト存続のためにもコメントに認証が必要な設定に変更させていただきました。

OpenID, Google, Yahoo, mixiなど有名どころのアカウントがあれば、
そららのID, PWでのサインインに連携して投稿できるようになります。
コメントを書いて下さる方々には一手間増えることになり大変申し訳ないのですが、
今後も変わらず熱い心の叫びを!! (謎)

実は携帯向けのページはアレなんですけど・・・しばらくは静観することにします。

雨の日光街道

|

何のことはない雨の日光街道の写真・・・

NEC_3284.jpg

ではありません。
注目すべきは中央分離帯なんですが・・・これではよく分からないですね。

Google Earth制覇計画

|

毎度お馴染み、忘れた頃にやってくるGoogle Earth制覇計画でございます。
(前回はこちら

気合いツアーズ インド編で獲得された写真をようやくPanoramioへアップロードしました。
もちろん全数ジオタグを付加しましたから、一体どんなところに潜り込んでいたのかも一目瞭然。

Panoramioさんったら仕事が早くなったのか、既にGoogle Earthへも反映されているようです。
といっても、Google Earth上の膨大な写真から自分の写真を探すのはあまりに困難ですから、
例によってPanoramioさんのアルバムページからご覧下さい。


今回の行程中、いろいろなインドの地名が登場しましたが、
一体どこのことなのか、さっぱりという方が多いと思いますので、
全日程のGPSログを合成したものをマッピングさせてみました。

indiagpsmap2011.jpg

こう見ると、「インド横断」という割には西側に届いていないのですが・・・

決して伏線ではないですから。
これくらいでカンベンしてくれってー。

雨の東部スラッジプラント

|


・・・もちろん言いたいだけ。

俺様には泥よけと言う名の自由の翼が生えた。
つまり、雨なんか朝飯前ってこった。

・・・もちろん言いたいだけ。

朝練には間に合わなかったけど。
さ、雨に濡れながら無駄なこと書いてたら寒くなってきたから帰ろ。

IMG_2885R.jpg

インドの渋すぎる光景の連続に、いつも以上に撮影枚数を爆発させてしまい、
現像と選別に骨が折れまくり、挫けてそうになってもいましたが、
2週間かけてようやくお見せできるものが完成しました。

毎度お馴染みのテキトーかつ横暴なコメントと共に
気合い写真館にアップしましたので是非お楽しみ下さい。
見る人によっては若干スパイシーと感じる写真も含まれているかと思われますが、
決してグロではありませんので安心してご覧頂いて大丈夫かと。

自分で言うのもナンですが、納得できる作品もボチボチ撮れて大変満足。
作品の善し悪しは費やした気合いと、我慢した苦労の量に比例するという良い例か。

滑り納め

|



地震の影響で滑り納められていなかったので、奥只見までやって参りました。
さすがにこのスキー場も本日が最終日らしいですが、雪の量は申し分なし。
質は別として。

普段着のナイロンパンツとウインドブレーカーという、
スキーとはかけ離れた服装で挑んでみよー。

到着

|


誠に残念ながら無事に成田空港に到着しました。

成田といえばそう、毎回恒例成田税関さんと親睦を深める会のお時間。
今回も怪しい風貌の二人組での挑戦です。


気合 (パスポートと申告書を渡す。若干挙動不審風味。)
税関 (2名分無言でペロペロめくる)
 ・
 ・
 ・
税関 「はいどうぞ」


残念ながら全く構ってくれずに終了。
もう完璧に手口が割れてしまったんでしょうか。たまにはネタにしたいのにつまんないのー。

ほぼ帰国

|



日系の航空会社だと搭乗口付近に来ただけで、帰国しちゃったような気分になるので、
お得なようなお得ではないような微妙な心境ですが。

香港ならば足止めされてもウェルカムなのに、定刻で出発する見込とのこと。残念。

香港発

|



長いようで長かった気合いツアーズですが、ようやくゴールが見えてきました。
家に帰るまでがインドとも言われていますからまだまだ油断は禁物か?

機場快線の香港駅でチェックインを済ませて、
パンパンになったバックパックを背負うことなく空港へ。
電車の運賃のみで利用可能というのがお買い得感満点ですが、
こんなサービスを提供しても十分くらいな運賃に設定されてるということか。

ようやくグルメ

|



香港まで来て美味しい食事をせずに帰るわけには行かないと、ようやくやってまいりました。
本当は飲茶が食したかったんですけど、残念ながら晩餐のお時間。

例によってカンを頼りにテキトーに店を選択したところ、香港だというのに
英語が通じない地元の方々でごった返すレストラン。素晴らしく理想的なパターンだ。
大きな宝物をでも掘り当てたような何とも嬉しい気分です。

おもちゃ箱

|



香港はおもちゃ箱をひっくり返したような場所だと言われていますが、
我々のオナカの具合のほうがおもちゃ箱をひっくり返したような状態に陥っているわけで。

グルメ・・・。


いままでの国々のグダグダ具合から一転、香港人のせっかちな気質で構築された都市に
頬を叩かれたような気分になりますが、勝手が分かればすべてがスピーディーに運ぶ
非常に効率的な都市と言えるかと。

上下とも以前香港で買った絶妙な洋服で出陣。

茶餐庁

|


茶餐庁・・・つまり軽食も充実している喫茶店的な地元民ご用達の施設ですな。
グルメと呼ぶには程遠いですが、一応ご飯にありつくことに成功。

一般的には観光客が来るお店ではないと思われますが、
空腹を抱えて寝ることにならず助かったー。

香港着

|



ここまで来れば庭も同然な香港に無事到着しました。
諸般の事情で香港で2泊してから帰国するスケジュールとしていますから、
香港グルメを思う存分味わう絶好のチャンスなんですよ奥さん。

まずは手始めに何を食すか期待を膨らませているところですが、
現地時刻21:00に空港から出られていないので、ご馳走にありつけるのか非常に微妙かも。

バンコク発

|



今まで幾度となくバンコクに降り立っていますが、バンコクがここまでの
先進都市だったとは全く気づいていませんでした。ある意味、インドのお陰ですな。

こんな快適だったらもう1泊して街中をフラフラたいところではありますが、
バンコクを発ち、日本・・・ではなく香港を目指します。
日本は遠い。

浦島太郎

|


何を間違ったのか45階に通されましたが、大丈夫なのかこれ?
ハッタリをカマしすぎた気が・・・しないでもない。

インドでの待遇からいきなりレベルアップし過ぎで、
30年くらいタイムスリップしてしまった浦島太郎状態っす。

ヒゲ面、バックパック、泥まみれのスニーカーが恥ずかしい・・・。

バンコク着

|



インド人さん、初めての海外旅行で盛り上がっているのか、離陸したり、揺さぶられたり、
着陸したりする度にヒューヒューと歓声があがりまくりですし、
用事もないのに皆さん機内をフラフラされまくりだし、シートベルトをなぜか締めたがらないし、
やっと締めたと思ってもなぜか外しちゃうし・・・と、あまりに皆さんお行儀がよいので、
流石のCAさんもブチ切れて当然ですよね。ご苦労さまです。

そんなこんなでインドを脱出することに成功し、毎度お馴染みバンコクへ到着しました。
この勢いでもう1レグ日本に近づきたいところですが、お手頃な便がないため本日はここで足止め。

いつもだったら空港界隈のトランジットホテルにするところですが、
今回は多少時間がありますから、市内に出てプラプラすることにしよー。

久々にカレー以外の料理を思う存分味わえるチャンスだー。

インド脱出

|



バナーラスのカオス具合にかなり困惑しましたが、そのお陰でコルカタが
非常に快適な都市に思えてしまうから不思議。
デリーに比べれば気候もだいぶ過ごしやすい(といっても日本の真夏と同程度)ですし、
次来ることがあったらコルカタをベースキャンプにしていきたいところ。

ホテルからは男気あふれすぎるタクシーの運転にヒヤリ、ハットしまくりながらも
なんとか無事にコルカタ国際空港にやって来ました。

「これはイッたな」と覚悟してしまうような際どい場面も何度かありましたが、
運転手は平然と回避しているところを見ると、インド人にとっては別に際どくも何ともない
日常的な事なのでしょう。さすがIncredible India。

コルカタからは日本への直行便がありますが・・・これで素直に終わらせてくれないのが気合いツアーズ。

カルカッタは重かった

|

カルカッタに着いたからには言わざるを得ないでしょ。

カルカッタという名前のクセに重工業が盛んなのでそう言われてるんだよね、確か。

コルカタ散策

|



特大カメラをカバンの外に出して繁華街をフラフラしていると、
明らかにアングラな香りのするお兄さんに囲まれるので、思うように写真が取れないことが
大変遺憾ではありますが、でも街はバナーラスやデリーに比べると歩きやすいし、
初めてインドに来るんだったら、コルカタインがベストだったような気も。

さ、メシメシ。

コルカタ着

|



若干遅れはしたものの一応コルカタの空港へ到着。
3等寝台の刑にならなくて本当に良かった・・・。

コルカタでは日程の都合上1泊のみ。ちょっとキツかったかなー。

綱渡り

|

電光掲示板に表示されている6便のうち、2便がキャンセル、1便がリスケジュールという、
かなりの高確率モードに突入中。特に放送があるわけでもないので、
何が発生しているのかよく分からないんだが・・・。

今のところ大丈夫っぽい・・・のかな。

バナーラス発

|



ガンジス河も嫌というほど拝めましたし、次の目的地コルカタへ向けて移動します。
移動手段としては夜行電車を利用したいところですが、
日程的な問題で仕方なく飛行機です。(嘘)

まぁ、非常用バックアップ手段ということで、本日夜バナーラス発、明日朝コルカタ着の
夜行列車3等寝台のチケットも押さえてあるんですけど・・・不要になることを祈るばかり。

バナーラスでは料金やらチップ絡みの話しで例に漏れずだいぶ不快な思いをして、
最後には封印していたはずのゴルァを思わず暴発させてしまいました。封印を解き放つとは流石インド。

外国人を相手にしたときのカネに関しての恐ろしいまでの執着心に食傷気味ですが、
この話しに慣れなければインドを好きにはなれないんだろうなーと。これもまた業(カルマ)。

それを差し引いても、食欲が削がれるくらい香ばしすぎる素材が沢山獲得できましたから、
気合いツアーズとしての目的は十分に達成できたということでヒトツ。

ガンジス河縛り

|



朝方に来ただけでも既にオナカいっぱい感が否めないところではありますが、
この街にやって来た目的はガンジス河を見るのが第一ですから、引き続き夜もやって来ました。

ガンジス河では夕方から夜にかけて毎日ヒンズー教のセレモニーとやらが行われるため、
朝に来たときとは比べものにならないほど混雑しており、川岸にたどり着くのも一苦労。

地上も水面も人々で埋め尽くされ、日本ではお目にかかれないような光景に圧倒され、
来れて良かったと思うと同時に・・・こんなところ二度と来るものかという感情もチラホラ。

ガンジス河

|



水質は聞いていたほどではなく、思いのほか綺麗だと思った私の感覚はどうかしてますか?

それよりも河に沿って密集する市街地ほうが非常にスパイシー。
写真は沢山とったけどスパイシー過ぎて使えないってこんなの。
朝食前に行っちゃったけども、流石の私も食欲が減退気味。

そんな時は・・・カレーに限る。

バナーラス着

|


気流がかなり悪く、着陸体制に入ってから上下左右にわんわん揺すぶられたあげく、
着陸したショックでサンシェードがいくつかずり落ちてましたが、
一応無事にバナーラスに到着しました。ドキドキ出来てお買い得でした。

スパイスジェットさん、それなりに香ばしかったですが、激辛というわけではなく、
ちょっと汚いとか、ちょっと雑とかその程度で普通に乗れるかなーと。

それよりも街中の状況がスパイシー過ぎてもう。
空港からはタクシーでホテルまでやってきましたが、
これは勝負になるかどうか微妙な領域になってきた気がしますぞ。

バナーラスといってもピンと来る方は少ないと思われますが、
一般的にイメージされる「ガンジス河」を見られる場所がまさにこちら。
詳しくはこのへんで。

スパイシー

|


ニューデリーでの3泊を終えて、ガンジス川を見るためにバナーラスへ向かいます。

インドの方に次にどこに行くのか尋ねられ、バナーラスと答えると返ってくる情報は以下のとおり。

・非常に汚い
・ど田舎
・インドが好きなのか
・素晴らしい(これは恐らく社交辞令)

どうなっちゃうんだか。

ちなみに移動手段は鉄道・・・ではなくインドを代表するLCCことスパイスジェットさんです。
本当はインドらしく夜行列車の移動にしたかったんですけど、どうしても日程的な問題で。(嘘)

なお、スパイスジェットさんのマイレージポイントの名前が
スパイシーポイントだというのは冗談のような本当の話し。

一体どれだけスパイシーなのか体験してくるざます。

問題です

|


駅のベンチで隣になった女子学生と、その餌食になった隊員の会話・・


学生「夕食は食べたの?」
気合「いや食べてないよ」
学生「なんで??」
気合「お金ないんだもん」
学生「ええっ!日本人でお金が無いってありえないでしょ!」(俗にいうインド人もびっくり)
気合「ホテルに置き忘れてきちゃってね」
学生「わかった!おごってあげるから買いに行きましょう!」
気合「いやいやいや、そうじゃなくて。大丈夫大丈夫。」
学生「じゃあ良いわ、買ってくる!!」
気合「いやいや、そーいうのは良くないから!!」

・・・。


インド人からメシをおごってもらうという快挙達成・・・じゃなくて、大変申し訳ありません。
悪気はヒトツもないですし、事故みたいなものとご理解いただければ。


さて、ここでクエスチョン。
ご厚意でいただいたサンドイッチ2名分ですが、インドでは睡眠薬や下剤を
たっぷり混入させた食べ物を薦めてノックアウトさせ、金品を奪うというのが常套手段です。
なので見知らぬ人や、少しくらい親しくなった人から食べ物を薦められても
決して口にしてはいけない・・・と言われていたり、いなかったりしますが。
今回のような場合はどうすれば良いでしょうか?


気合いツアー史上最大の心理戦とも言えよう。
大変失礼なのですが、念のため一名(私)は食べないでおきました。
重ねて申し訳ありません。

結果はもちろん、食べても問題なかったのは言うまでもありませんね。

さすがに疑心暗鬼過ぎか。
だけど、どこまで想定すれば良いのか、いよいよ分からなくなってきた。

保安院

|


アーグラ市内に点在する観光拠点を制覇して駅に戻ってきました。
暑さとホコリと無駄な徒歩により昨日に引き続き相当にヘコヘコなので、
さっさとシャワーを浴びて寝たいところですが、列車の入線はまだ1時間ぐらい後。

じゃあ、駅前の喫茶店で・・・というような便利施設も無いので、ベンチに座ってボゲーっと
ケイタイをいぢっていたら、俺様の飲みかけのコーラをガキに走り去られました・・・。油断大敵。

んだよーせっかく手に入れた常備薬のにーと思っていたら、
今度は隣に座っていた英語が達者な女子学生さんに話し掛けられ、 
ゆっくりするのもままならない隊員が若干1名交戦中。ご苦労様っす。
原発の話を尋ねられ、表現を選びつつ答える内容が保安院のようで面白いなー。

インドの方からすると外国人は肌の色が明らかに違うし、
絶対数が少ないので好奇心旺盛な学生さんの餌食になりやすい模様。
あと、黄色人種だと昨今では中国人か?と聞かれることも多くなりましたが、
(私が中国人っぽい風貌だから?)ここインドでは大抵日本人扱いしてもらえます。
中国人観光客はまだまだ少なく、物好きの日本人のほうが勝っているということでしょうか。


タージマハル

|



タージマハルの事をふざけてずっとマハー○ーシャって呼んでたもんだから、
ちゃんと名前を言わなくちゃいけないときに出てこなくて困るのはここだけの秘密な。

インドにおける最大の目的を達成出来たので、もうこのままとんぼ返りしても良いんですがー。

鉄っちゃん

|


駅でもなんでもない場所でペットボトルを片手に電車を見ている人が沢山いるなー
・・・と思ったら皆さん用を足しに広々した鉄道敷地に出てきている模様。
(ペットボトルの水は用が済んだら、おしりを洗うのに使うっぽい。)

鉄道警察さん、サブマシンガンを片手に車内をフラフラ。
別に何も悪いことをしているわけじゃないけど、緊張するなぁ。

アーグラへ

|



巨大でオンボロの鉄の箱が轟音とともに行ったり来たりしており、それだけで圧倒されていますが
早朝のニューデリー駅までやって参りました。

タージマハルの最寄り、アーグラまでバスで行くとするとたった200キロに5時間を要するらしいですが、
インドの誇るシャタバディ・エクスプレス?ならたったの2時間で到達するんだってさ。

ニューデリー探索

| | コメント(2)



あまりの酷暑に何度もオートリクシャーの誘いになびきそうになりながらも、
朝から晩まで徒歩と地下鉄だけでひたすら市内を探索してきました。

汗とホコリまみれでかなり散々な惨状になりましたが、
それと引き換えにかなり香ばしい感じの素材がたくさん獲得でき大変満足。

インドさん、気合いツアーズとして予想していたほどの難易度ではないようですが、
いきなり個人旅行でインドに来ちゃったりすると、客引きに惑わされたり、
習慣に面食らうレベルということに間違いはないと思われます。
ちなみに個人的には客引きより天候にやられてますが。
(だったらゴールデンウィークに来るなよ>俺)

さて、明日はタージマハル巡礼のためここから200キロ程度離れたアーグラーまで参ります。
電車の出発時間は6:00・・・って、なんでそんなに早いんだよー。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ