2014年4月アーカイブ

さらばネパール

|



ようやく出発できてうれしいような、別れが惜しくて寂しいような。

是非もう一度訪れたい。

2周目

|



結局全く進展がみられず再びラウンジで時間をつぶす羽目に。
本当に今日飛ぶのかね?と不安に思っていたところ、
ようやくダッカからの便が到着しました。

定刻より3時間の遅れでネパールを発てそうです。
いや、我々が認識していた定刻と比べると5時間遅れなんですけどね。

ご招待

|



ゲート周辺でフラフラしていたところ、係員がやってきて
ビーマンがどうこう言っていたので聞き直したところ、
2時間程度の遅延のため外のラディソンのレストランでお待ちくださいと。

というわけでセキュリティーゲートを逆流し、
指定されたレストランにて微妙なスナックが提供され待機中。
これだったら、さっきのところに居させてくれたほうが有り難かった
・・・っていうのは言わない約束?

2時間遅延で済めばいいんですが、イヤな予感がしてならない今日この頃。

ラウンジ

|



ラウンジって言うか、どっかの会社の応接室みたいですけど・・・

あーヒマだーーーーーー。

ON TIME

|



どうやら旧来通り15:10発になるようなのでゲート周辺までやってきました。
搭乗券にゲートの記載がなかったので、どこなのか確認したところ未定っぽい。

じゃあ、一体どうなってるんだと航空会社のサイトを確認してみたところが画像の有様。

スケジュールを2回変更した上で、さらに搭乗券と違う時間になってもON TIMEって、
全く持って意味が分からないんですけど。噂には聞いていましたがビーマンさんスゴすぎ。

カトマンズ発

|



急にスケジュール変更があったことはキャッチしていたので早めに空港に来てみましたが、
空港の情報表示は古いスケジュールのまま。なぜだと思いオフィシャルのサイトを覗いてみたら
古いスケジュールで運行されることに変更されていました。

頼みの綱のGoogleさんに聞いてみたところ、往復ともに新しい時刻で運行されることになってるし・・・

いったい何を信じればいいんだか。
恐るべしバングラデシュ航空。

ネパール概況

|


早いものでネパール滞在も明日の出国を残すのみとなりました。

ネパールというとエベレストを連想される方が多いかと思いますが、
日本で言うところの富士山と同様に首都で手軽に見られるというわけではなく、
カトマンズからクルマで1時間半~2時間程度のナガルコットまで行き、
そこからさらにトレイルを1時間程度歩いたところにある展望台まで行く必要があります。

せっかくネパールに来たんだからエベレストに行って「チョモランマもチチチョビレ」という
破滅的なネタを仕掛けようか最後の最後まで悩んでいたりもしましたが、
最終的にはカトマンズ市街とカトマンズ盆地に点在する遺跡類をじっくりと堪能することにしています。
ネパールの世界遺産はほとんどがカトマンズ盆地に集約されていますから、
渋い町並みと遺産を巡るには非常に効率的な国と言えるかもしれません。

なお、ネパールにはあのブッダの生誕地であるルンビニもありますので、
ルンビニに行って「天上天下唯我独尊」とツイートするという案もありましたが、
あまりに費用対効果が低いと言うことで速攻でボツとなっています。

世界的に有名な山が軒を連ねているということで、登山やトレイルを目的とする客も多く、
カトマンズで装備品を補充する人も多いからか、登山用品店が異様に多く見られます。
ノースフェイスなど著名なアウトドアブランドの品々が陳列されていますが、
そのほとんどが偽物という噂。ファッションの一種として着るならばまだいいですが、
本物と信じて山に持って行ってヒドい目にあわないものか他人事ながら少々不安・・・。

また、電気や水道の供給状況も非常に悪く、我々が過去に訪れた国の中で
もっとも悪いのではないかと思います。水道に関しては断水を見越して
各施設とも巨大な水道タンクを備えているため、さほど問題になることはありませんが、
電気については「日に何度も」というか、「ついたり消えたり」といったほうが
しっくりくるような状況。高級ホテルであれば完璧な自家発電施設を備えているようですが、
気合いツアーズ御用達のランクのホテルでは最低限の電灯をまかなう程度の
自家発電施設しかないらしく、切り替えに時間がかかるため各種装備の
充電すら満足にできないこともあるほど。
あまりに停電が多すぎてバッテリが過充電にならないかという不安も。
あと、シャワーやトイレの最中の停電は流石に困るわ・・・。

ネパールの人々ですが、事前に聞いていた悪い噂とかけ離れており、
正直で親切であり、不愉快な思いをすることはほとんどありませんでした。
商売の方式は旧来の交渉制がほとんどのため、正札販売に慣れ親しんだ
日本の方は少々違和感を感じるタイミングも有るかとは思われますが、
法外なぼったくりを仕掛けるような方も少なく、難易度は低めだと思います。

というわけで、みなさんも是非ネパールにお出かけくださいね。
少なくとも私にとっては渋い部門で文句ナシのナンバーワンです。

総本山

|



本日はカトマンズ近郊にあるチベット仏教の総本山へやってきました。
仏教徒としては外すわけにいかないスポットと言えましょう。

無数のマニ車を回しまくって徳を稼ぎまくるぜーーー。

沈没願望

|



欧米の観光客や登山客が多く訪れているからか外国人慣れされているし、
人々も正直な方が多いのでいちいち面倒くさい思いをすることもなく、
食事は格安で美味しいし、街の雰囲気は劇シブだしと
ネパールに数ヶ月沈没しちゃってもいいかなーなんて思いつつ有るわけで。

一般的には全然オススメできませんが、私にはかなり深く刺さってます、

炎上中

|



ヒンズー教における三大寺院のうちの一つですが、火葬場が併設されており、
昔ながら薪を使用した方法でご遺体を荼毘に付されていました。

荼毘に付された後はそのまま川へ流されるそうですが、
乾季の今は水量が少なく、きれいサッパリは流せていない模様。

朦々と煙が上がる光景を見ていると、現実から遠い世界に
迷いこんでしまったのではないかというような気分にも。

10年ぶり2度目

|



エベレストビールとの再会。
まさか現地に来て飲むことになるなんて笑っちゃうよねー。

蒸散成分

|



食事はもちろんカレーっぽいものがメイン。
地元の方々が集う食堂でテキトーに頼んだら豆系のヤツが出てきました。

出てきて手を付ける前にスパイスの風味でむせかえるほどの本格派。
日本人にはキツすぎるか?とも思いましたが、そんな事はなく大変美味しかったです。

驚くのがその価格。これでだいたい80円程度。物価安っ・・・。
食料品は特に安い分類になりますが、それ以外もおおむね超特価で、
だいたい日本の1/6~1/10程度の物価だと思っておけば良さそうです。

ネパールさん、かなり良いです。

カトマンズ散策

|



昨晩到着したばかりで右も左も分かりませんが、
とりあえずアッチへフラフラ、こっちへフラフラ。

町並みがやたらと芳ばしくてウハウハだーーーー。

カトマンズ着

|



とりあえずの目的地ネパールのカトマンズに到着しました。

・・・完璧に飲まれてます。

マレーシア出国

|



こんなにたくさんマレーシアに来ているというのに、KLIAを利用したのは初めてだったり。

そもそもこんなに何度もマレーシアに訪れるようになったのは、
Air Asiaさんの価格に引かれて、クアラルンプール経由のルーティングにしているからですが。

迎撃失敗

|



オバマ大統領、てっきりクアラルンプール空港に到着されるものと思っていたら、
都心にほど近いSuban空軍基地に到着されると言うことが発覚。

これなら足止めの心配はなさそうですが、
エアフォース・ワンが見られないのは少々残念だぁ・・・

再会

|



マレーシア47年の歴史上初の訪問と言うことで大変な騒ぎになっているようです。

新聞によると午後5時に到着と言うことですが、これから空港に行くのに足止めを食らわないか少々心配も。

カニ島

|



クアラルンプール駅から電車に1時間、船に45分ほど揺られ、ケタム島と呼ばれる島にやってきました。

島と言ってもマングローブが生い茂る中州のような場所のため、
市街地はほとんど水上集落となっていており、独特な雰囲気を醸し出していました。

この島は別名カニ島とも呼ばれていると言うことなので、
名物のカニを食さざるをえないだろうと、たらふく頂いてきました。

これからしばらくは海と遠ざかる予定なのでちょうどいいタイミングだったかと。

乗船

|



本当はマラッカに行きたかったものの残念ながらかなわず。

クアラルンプール市内はだいぶ行き尽くしたので、少々足を延ばして海まで来てみました。

中国感満点の船でさらにとある島を目指してみます。

マレー語

|



ナシ・アヤム

ナシがご飯でアヤムが鶏肉。つまりチキンライスですね。
この言葉だけ覚えとけばマレーシアを制覇したも同然だ。

ホコリ

|



現地のSIMを手に入れて意気揚々と写メを撮っていたら、
なんかイメージセンサーにホコリが付着していることに気づきガッカリ。

流石にここで分解修理は出来ませんから、しばらくはホコリとお付き合うくださいね。

あー早々に新しいヤツを検討するしかないよなー。なんて。

クアラルンプール着

|



最強に眠いですが一応無事に到着しました。

本日はさらにここでトランジットする予定ですが、
時間がかなりあいているので、ちょっくら観光に出掛けることにしよーかなーと。

出発

|



どう見ても定時には出られなそうだけど、定時に出ると言ってますから大丈夫なんでしょう。きっと。

それでは皆さん良いゴールデンウィークをノシ



毎度お馴染み体力に限界はあるのかツアーのシーズンがやって参りました。

今回のツアー前回のパラオ沈没と打って変わりいつも通りピリッとスパイシーで、
思いがけないエクスペリエンスも期待できちゃうような方面を設定することにしました。

行き場所は着いてのお楽しみということにしますが、
かなりの困難が予想され、行く前から行きたくない感も少々。
ずっと行きたいと思ってたのは事実ですから、本来なら大変うれしいはずですがねぇ…。

いつの日か愛地球博でパビリオンを訪れた際には、
訪れることのない異国なんだと感じた記憶がありますが、
まさか自分が行くことになるとは、かなり感慨深いものがありますな。

今回は羽田空港からのフライトのため、珍しく電車で空港に向かうことにします。

夢の共演

|



久々にやってきたら、東消さんが面白そうなことをやってるじゃないですか!?

目的を忘れてしばらく見学したい気分になりつつあるわけですが。

お花見

|

寒かった日々が嘘のように一気に暖かな気候となり、いつの間にやら桜が満開に。

いつまでもスキーばかりにうつつを抜かしている場合でも無いだろうと、
千葉県の桜の名所にお花見に行って来ました。

週末まで鹿島にいたので、そのまま直行できれば良かったんですけど、
残念ながら会社と自宅を経由していますから、それなりに走ってます。

IMG_4770R.jpg

土曜日に行ったため、ソメイヨシノはまだ開花して間もない感じで被写体にならず、
もっぱら彼岸桜の写真ばかりなんですけどねー。

IMG_4774R.jpg

・・・。

IMG_4759R.jpg

・・・・・・。

IMG_3993R.jpg

・・・・・・・・・。

IMG_3995R.jpg

しつこいか?

IMG_4039R.jpg

もはや、お約束ですね。(汗)
お付き合いありがとうございました。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ