2015年5月アーカイブ

もやは夏

|



いい天気に誘われて荒川へ。
それにしても5月だなんて信じられん気候だね。

毎度お馴染み、Google Earth制覇計画でございます。(前回はこちら

体力に限界はあるのかツアー キューバ・カナダ編でやたら滅多撮ってきた
写真の枚数に我ながら圧倒されて心が折れそうになっていたりもしましたが、
使えそうなヤツをピックアップしてPanoramioにアップを済ませました。

いつものところでご覧頂けるようになっていますので是非どうぞ。

119816926.jpg

初の中米進出となった今回の気合いツアーズですが、
スペイン語しか通じない場面に四苦八苦しつつも、どうにかこうにか
予定通りキューバ滞在を終え、無事に完了することが出来ました。

そもそもアメリカ西部でスペイン語なまりの英語だってだけで
相当に苦戦しているぐらいですから、モノホンのスペイン語が
分かるわけがないというのはハナから明白だったわけではありますが・・・。

スペイン語は今後重要な言語だというのはよく分かっているつもりですが、
大変個人的な心情的に、スペイン語を学んでいるのを悟られたくなかったりもするんでね。(謎)

119816637.jpg

キューバとアメリカは距離は近いものの国交がないためアメリカを
経由してキューバに行くルートは存在せず、カナダのトロントか
メキシコシティーを経由して行くのが一般的とされています。

今回は(も)航空運賃が最安であったエア・カナダさんのお世話になることとし、
トロント経由でキューバに向かうことにしたわけですが、トロントと言えば世界的な
観光地であらせられるナイアガラの滝ツアーの発着地でもありますから、
素通りするわけにはいかないだろうと、キューバからの帰りに寄り道することとし、
今回のツアーは豪華二本立て・・・と言う感じに仕上がることとなりました。

119816328.jpg


キューバではハバナ市内の旧市街に広がる渋い風景をメインターゲットとしつつ、
文豪ヘミングウェイが愛したという土地やレストランを巡る作戦を展開したところ、
毎日毎日大変な歩行距離となり、軌跡もカオスを極める感じに。

201505_cuba_gpsmap.jpg


トロントでは空港でレンタカーを調達し、トロントの市内観光を少々と、
ナイアガラの滝周辺をカナダ側・アメリカ側くまなく巡るというプラン。
折しも大変見事な快晴に恵まれたこともあり、ビシッと色の乗った
良い雰囲気ものもが沢山獲得できました。

201505_canada_gpsmap.jpg


さてさて、Panoramioに引き続き、気合い写真館のほうも引き続き仕込んでいく
・・・のかどうか、アレがナニで微妙な気分に陥りがちだったりもしますが、
忘れた頃に公開されるかもしれませんので、その節は宜しくお願い致したい次第でございます。

岸田外相のキューバ訪問の件

|

今回のツアーでのキューバ滞在中は通信手段が確保できなかったため、
日本の外相初の歴史的な訪問だと言うことに気付くのが遅れてしまいましたが、
我々が市内観光中に偶然遭遇した際の一部始終をご紹介したいと思います。


ハバナ随一のバー、フロリディータ前にただならぬ雰囲気の車列を発見。
2台目の車両が日本の国旗を掲げているということは日本政府関係の公式訪問でしょうか?

IMG_2079.JPG


現地警察の先導付き。

IMG_2085.JPG


日本のSPも2台ついているところから察するに結構な要人。

IMG_2082.JPG

IMG_2091.JPG


一体誰が来ているのか大変気になるので、しばらく待機するものの動く気配無し。
ダメモトで店内に突撃してみるしか!!

入り口のSPにガチ睨まれる。
完全につまみ出されるフラグ立ってる・・・(汗)

・・・と思ったものの、なぜか中に入れちゃった。


えーと、要人はどちらですかー?

IMG_2103.JPG


なんかお見かけしたことのあるような方が・・・

IMG_2105.JPG


何と外相!!!!!

IMG_2095.JPG


ヘミングウェイとのツーショット頂きました!!

IMG_2096.JPG


ちなみに関連する報道はこちら
日本とキューバ 経済などの関係強化で一致

現場ではビデオ、スチル共にカメラは張り付いていなかったようですので、
ニーズの有無はさておき、独占ぽい素材なんじゃないかなーと思います。

生還

|



飛行機は予定通りトロントを出発し、若干遅れつつも羽田に到着しました。

いつもと違ってかなり緯度が高い飛行ルートが選択されているのは、
偏西風のルートが平常から大きく変わっているということなのかと思われます。

さてさて、今回の気合いツアーズもこれにて完了。
撮ってきた写真が多すぎて若干気が遠くなっていますが、
ボチボチ整理してご披露したいと思います。

帰投開始

|


 


誠に残念ながら予定通りカナダの滞在日程を終えて空港に帰ってきました。
羽田行きの便はまもなく定刻にて搭乗開始となる見込みです。

ではでは、また日本でお会いしましょう。

ナイアガラ

|


おとなしくカナダ側からだけ見ていればいいものを、
徒歩でアメリカに越境してアメリカ側からも見たりしたもんだから
ここに書き込む余裕もないほどクタクタに。完璧にやりすぎました。

天気も予想を裏切る快晴でしたし、ナイアガラの滝を十二分に満喫できました。

アジア系

|



トロントにてレンタカーを調達して超圧縮版市内観光に出発です。
レンタカー屋さんにはニッサンかヒュンダイをすすめられるものの、
ほかのクルマが良いとシボレー・マリブを選択してみました。

いつかも借りたことがありますが、アメ車だというのに、
直4の小さめのエンジンだし、アイドリングストップまでついてるし、
なんだか世知辛い世の中になったものだと…。

送迎車

|



キューバ出発は朝早い便だったので、タクシーを予約していたんですが、
何だかえらく物々しいことに。1955年シボレー謹製のザ・アメ車といった風貌の車両が登場。

運賃が高すぎるんじゃない?と焦りましたが、普通のタクシーと同じお値段とのこと。

ただしエンジンはトヨタのハイエースのものに換装しているんだそうな。
オリジナルのは燃費が悪すぎて商売にならない模様。

キューバ脱出

|

 

 

 

ホテルのグレードを渋ったおかげて、インターネット接続は提供されていないわ、
外国人用にSIMカードは提供されていないわ、ケータイのローミングはデータ通信がずーっと不通だわ、
スペイン語があまり理解できないので、一般のメディアを見ても意味がないわで、
世間とは隔離された4泊5日となりましたが、無事に滞在日程を終えて、
カナダのトロント行きの飛行機に乗っておます。

エアカナダの機上Wi-Fiでしばらくぶりに現世につながった感じ。

キューバ滞在のはじめの方は天気がイマイチで思い描いていたような写真が全く撮れなかったのですが、
最終日に天候が一気に回復して何とか取り返せた感じ。最終日がなかったらリベンジ確定でしたわ...。

ハバナ市内は噂に聞くとおり、コロニアル建築が大量に現存し、50年代のアメ車や
旧共産圏の車が未だに大量に走っているという、
自分がいったいどこにいるのか分からなくなるような不思議な光景の連続でした。

そんな不思議な光景の素材を大量に獲得してきましたので、持ち帰ったらご披露したいと思います。

そうそう、このバーで奇しくも日本の岸田外相にお会いする機会も。
日本のメディアは入れていなかったので、マジモンの独占素材もございますよー。

キューバ着発

|



キューバ滞在中は全くインターネットに接続できず、
最後の望みのケータイのメールもずっと不通になっていたため、
ほとんど音信不通となっていましたが、予定通り滞在日程を終え、
トロントに戻る飛行機に搭乗したところです。

最後の社会主義国と呼ばれるキューバを良くも悪くも満喫できた4泊となしました。
最終日には天気にも恵まれ素材も大量な持ち帰りますので、詳細はまた後日。

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ