2021年9月アーカイブ

羽田着

|
DD211225-14C4-4599-9452-3DE729CDF5F8.PNG

良からぬ何かを期待している方が少なからずいるような気がしてなりませんが、

普通に鹿児島からまっすぐ・・・いや、それをまっすぐって言うのかは微妙ですけど、
無事に羽田に到着しております。だって明日はフツーに勤務ですし。

そんなこんなで、羽田→千歳→神戸=伊丹→鹿児島→羽田と駆け巡った割に、
いったのは神戸と大阪のサウナ4施設だけという驚異的な関西ツアーもこれにて終了。
しかも、旅の主目的であったサウナ関連はこのページを覗いてくださっているような方には
興味をお持ちの範囲外でしょうし、サウナのことを書いたとしても、トトノッターー!!!とか
連呼するだけだと思われるので、この際潔く一切を割愛としておきます。

ちなみに、3泊とも頑なにサウナ附属のカプセルに宿泊していたので、
これだけ移動しても旅費としては1万円少々+6000マイル×2区間という結果に。

大学時代の青春18きっぷを多用したツアーより現金を使用していないわけですが、
これぞまさしく洗練された大人の旅と言えましょう(言えません)。

鹿児島発

|



乗り慣れ過ぎて久しいA320ですけど、ANAだと多少は新鮮な感も・・・ないか。

鹿児島空港

|


売店も相当規模が縮小されてますけど、なんとかお土産をゲット
・・・ってどこ旅行に行ってんのか全然わからない感じになってきてますけど。

鹿児島は緊急事態宣言が発出されていないので、ラウンジでは久しく
お目にかかれていない生ビールサーバーも焼酎もウイスキーもありました。

むむむっ!!これは飲むかどうか悩ましいシチュエーション!!とかひとりで言っているウチに、
19時を回ってしまってトマトジュースだけをいただいてラウンジを後にした次第。

逃した魚は大きい。

大阪発

|



というわけで、束の間の関西滞在もこれにて終了でございます。

帰りの便も直行便がないので少々遠回り。
伊丹発鹿児島行きのIBEXエアラインがCRJ運行なので
ついついポチってしまいました。フツーに乗ると高いやつですよね。

神戸着

|

すっかり投稿するのを忘れてますけど...
無事に神戸に到着しておりますからね。

復路はノープランなので、数日間サウナを満喫しながら考えることにしますわ。

千歳発

|



一瞬の北海道でしたが、今年の冬は来られるようになっていると良いですなー。

専用機

|



千歳ベースなのでここにおいてはレア機材ではないんでしょうが
あまりお目にかかる機会の少ない者としてはどうしても盛り上がってしまうわけで。

ラウンジだっていうのにヒコーキにカブりついていると、
そっち方面のマニアということがバレバレになりますナ。

千歳着

|



本当は神戸に行きたいだけなのに、良い時間のヒコーキがないから、
よりによって千歳経由になっているっていうね。
グレタさんにバレたら滅茶苦茶に言われそうで怖いです…。

乗り継ぎの客が私だけだったからか、ヒコーキを降りたところで
「神戸へお乗り次のお客様ー!」ってめっちゃ呼ばれてて、
羽田から来たのに何で神戸行くの??って周りから変な目で見られながら
乗り継ぎの手続きを行う羽目になりましたが何か?

あくまで修行ではなくてご褒美のはずなんですけど…

羽田発

|


修行はこの前の沖縄単純往復のヤツで終わったのでは?と思われた方は正解。

なので今日は修行ではなくて・・・ご褒美なんですよ。

全然気が進まないというのがポイントではありますけど。

ホンモノのニセモノ

|


Logicool謹製の高機能マウスことMX Masterが非常に気に入り、
自宅でも職場でも何台にもわたって買っては壊してを繰り返している私ですが、
このマウスはホイールの指に接する部分に使われているゴムの部分が
数年使っていると劣化してネバついてきてしまうため、他の部分に問題が無くても
その時点で
修理または買い直しの対応に迫られる羽目に。

このマウスには確か2年間の保証が付いてくるので、最初の2年は交換修理を請求できますが、
次の2年では保証が切れてしまうのでまるっと買い直しが必要ということになります。

私の場合、合計3拠点で環境を合わせたいので同じマウスを使っているので・・・
なんだか毎年どこかのマウスを交換しているような印象。マウスだけにいくら使っているんだと。

1万円超のマウスをそんなに頻繁に買ってられないよー!と思いつつも、
あまりの使い勝手の良さに結局はLogicoolさんに毎年お布施を支払い続けたわけですが。

ある日ふと思い立ち、世界の工場と言われるアノ国だったらこのパーツ単位で横流ししている
業者がいるんじゃないかなーという気がしてあちこち調べてみたところ、
なんと
あのAliexpressさんに出品されているのを発見。さすがです。

お値段5ドル程度だったので、どうせゴミなんだろうなぁとダメ元でポチってみたところ、
予想を見事に裏切りホンモノと見分けのつかないモノが到着・・・というか、
雰囲気的に多分ホンモノの流出品なんですけど。さすが中華、闇深いです。
ちなみにマウスを分解するためにはマウスのソールを剥がしたところにある
ネジも開けてあげる必要があり、その際にソールがダメになってしまいがちですが、
ソールについても専用品の新品が出品されていましたので一緒に注文できるという
至れり尽くせりの品揃え。皆さん考えることは一緒ですな。

ダメになるのはゴムの輪っかだけですが、このホイールには回転速度に合わせて
クリック感を出したり出さなかったりするようなギミックが入っているので、
ホイールまわりが他のマウスではあまり見られない複雑な構造になっており、
その機構部品まで含めたAssyごとの交換作業になりましたが、
トルクス(T5)さえあれば割と簡単に交換できることがわかりました。

ちなみにそれ以下の単位への分解も今後の参考のために試みていますが、
部品点数も多く、サイズが格段に小さくなるため、触れない方がよろしいかと。

てな訳で、あと数年間ゴムが劣化するまでMX Masterをしゃぶり尽くしますぞー!


ちなみに、本ブログは頑なにアフィリエイトなど収益化は
一切行いませんので、『詳しくは概要欄をチェック!』などはございません。
Aliexpressでゴミをつかまされないように各々ご精進くださいね。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ケイタイ向け

月別 アーカイブ

トップページ